大事な情報を守れる税理士にしよう

信頼できることが条件

相談の際には、機密情報を税理士に伝えると思います。
口が軽い税理士だとそれが周囲に広まり、会社の経営にも影響する危険性があるので気を付けてください。
また顧客の情報が洩れてしまうと、会社の信用問題にも発展します。
様々なトラブルが起こることが考えられるので、口が堅く信頼できる税理士を利用してください。

たくさんの企業から依頼されている人は信頼できると判断できますし、実力も高いのでおすすめです。
依頼の料金がどのくらいなのか見積もりを聞きましょう。
会社で利用する場合は、毎月の顧問料が発生します。
数万円が相場ですが、中にはそれ以上に発生する税理士も存在するので、予算内に収まる人を見つけましょう。
相場より安くても、追加料金を請求されるかもしれないので、すぐに依頼してはいけません。

税理士を見極める方法

口コミサイトをチェックして、人気がある税理士を見つけてください。
そこには、利用者のリアルな意見が記載されています。
ホームページを見た時は優秀で良いと思った税理士でも、利用した人の意見を聞くと、対応が雑であることがわかるかもしれません。
そのような人には任せられないので、別の税理士を見つけてください。

口コミサイトの意見を聞いただけで決めるのはよくありません。
最終的に税理士と話し合って、こちらの話を真剣に聞いてくれるのか、アドバイスの内容がわかりやすいのかで判断してください。
そこで、無料相談を利用するのがおすすめの方法です。
30分程度の無料相談を行っている税理士が多く、余計な出費を発生させずに相性を調べられます。